本文へスキップ

会社案内COMPANY PROFILE


トップメッセージ

CEO  

弊社は1905年に私の曽祖父、宇津木住三が東京京橋で当時船舶の航行をする上で自船の位置の計測に正確な時刻を知る為に必要不可欠だった船舶用精密機械時計(マリンクロノメーター)の修理業を開設し、造船・海運・海洋土木の分野で業界のニーズに対応するべく、昭和40年代より製造メーカーとして独自の技術・ノウハウを蓄積して参りました。
現在は横浜市戸塚区に本社並びに工場を構え、弊社製センサーである受圧式液面計・電気式傾度計と電子デバイスを活用し、また様々な構築物の液面・傾度のモニタリング、様々な機器の遠隔・自動制御を得意分野として事業展開を進めております。

「選択される宇津木計器となる」を中期目標に掲げ、生産性の更なる追求・従業員の成長を促進し、お客様のご納得の得られる製品品質・アフターサービスを社員一丸となってご提供して参る所存です。

長年、ものつくりで培った技術・ノウハウをベースとして、多様な市場ニーズに合致した、より安全性を高められる、より環境に優しいソリューションの開発を目指し、専門メーカー・大学・研究機関等と提携しながら、積極的に取り組んでおります。

これからも私ども宇津木計器に皆様の温かいご支援とより一層のご指導ご鞭撻賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役 宇津木 智


会社沿革

明治38年
創始者 宇津木住三、東京京橋において機械式船舶時計の修理業開始
大正13年
震災後、横浜本牧移転 事業再開
昭和12年
2代目 宇津木洋一 事業引継
昭和23年
有限会社 宇津木航海計器製作所 設立 、宇津木洋一 代表取締役に就任
昭和30年
創業50周年祝賀会開催 / 大阪連絡所設置  舶用計器の修理業からの転換
昭和33年
有限会社宇津木計器製作所と商号変更
昭和44年
大阪出張所を大阪営業所とする(後の支店)
本社工場の生産稼働開始 / 機械式から電気式製品の事業転換
昭和48年
組織変更に伴い株式会社 宇津木計器とする
バラストコントロール装置の開発・販売 開始
平成元年
横浜市戸塚に新社屋を建設し移転
平成3年
3代目 宇津木洋三 代表取締役 就任
平成4年       
ISO-9001取得し船舶業界初のバラスト注排水装置タッチパネル方式の開発・販売
平成16年       
中国本土への事業拡大に伴い、中国上海事務所設置             
平成17年  
代表取締役 宇津木洋三 関東舶用工業会 会長 就任
代表取締役 宇津木洋三 海事功労賞大臣表彰 受賞
平成19年
本社技術棟建設と本館リニューアル完成
代表取締役 宇津木洋三 関東舶用工業会 会長 二期連続 就任  
平成20年
設立60周年祝賀会開催   
平成21年       
4代目 宇津木智 代表取締役 就任
宇津木洋三 会長に就任
宇津木洋三 黄綬褒章受章
平成27年       
宇津木洋三 旭日双光章受賞
創業110周年祝賀会開催